« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

■ 2013年4月の小さく息切れ

2013/4/30 23:55
活性炭入りでおならのにおいを消すという座布団を買ってもう10年ほど、いまだにちゃんと効果があってすごい。どんなに虐げられても自分の仕事を果たし続けるその姿は、もう感動的ですらある。

2013/4/30 0:36
「鼻の下を伸ばす」という言葉があるけれど、くしゃみが出そうな時にそうすると我慢できると人から聞いた。実際にやってみると確かに効果あり。会議中にこの技をよく使ってるけど、別に女性にデレデレしてるわけではないです。

2013/4/28 20:17
博物館の水槽でガラスに張り付いていたヒトデがお笑いコンビみたいだった。「どーもーっ!」「ザ・ヒトデで~す!」「俺たち、英語ではスターフィッシュって言うけどさ」「そういう輝きは、ないよね!」 pic.twitter.com/NcZA9hBuu6

2013/4/27 11:42
日によって寒暖の差がある最近、気がついたらクールマックスって素材のシャツとヒートテックを重ね着してた。そういうことじゃないだろうと思う。

2013/4/27 0:24
元JJ専属だったらしい太田在(おおた あり)というモデルさん、ウィキペディア見たら人物・略歴の項の最初に「名前の由来は在原業平から」って書いてあってすごいな。

2013/4/25 7:27
妻が家事をしながら、きゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」を歌ってる。でもいつもサビの部分をふざけて「ファッションセンタ~ ファッションセンター~」と歌うので、ちょっとかっこいいしまむらの歌みたいになってる。

2013/4/24 21:44
パスワードを忘れたときの「秘密の質問」、母親の旧姓や祖父の職業ではなく「小6のときに好きだった子は?」「ある日急に異性として意識し始めた相手は?」という感じにしてほしい。パスワードを忘れたあせりを、甘酸っぱい気持ちがかき消してくれると思う。

2013/4/24 6:26
松浦亜弥の曲が流行って以来、未だに我が家ではゴールデンウィークのことを「Yeah!めっちゃホリディ」と呼んでいる。他の人と話すときに、危うくYeah!めっちゃホリディ言いそうになってハッとすることがある。

2013/4/22 22:31
大雨が降ったときに「増水に注意してください」とキャスターが言うのを聞くと、頭の中で「雑炊に注意してください」と思い直す。実際、注意して食べないとやけどするから意味的にも合ってる。

2013/4/21 22:36
親戚の小4の子供から「小野さんはイケメンって感じじゃないね」と言われた。あくまで自然体で、否定的な意味を込めて言ったのではないとはっきりわかるその言い方に、「この子は外見と人間の本質とが別物だとわかっている賢い子だ」と考える、僕の前向き思考。

2013/4/20 17:35
オオクワガタやオオスズメバチのような大型の種につく「オオ」の部分だけ英訳して「ビッグクワガタ」や「ビッグスズメバチ」にすると、謎のダイナミズムが出てくる。ビッグダディの影響なのか。

2013/4/19 22:10
「無礼」を「プレイ」に替えて「プレイ者!」「プレイ千万」「プレイ講」にすると楽しげになるけど、「慇懃プレイ」だけは、ねちっこい。

2013/4/18 20:43
トウモロコシのヒゲは実はめしべだと知って以来、トウモロコシのその部分をつい凝視してしまい、なんだかおかしな気持ちになるようになった。

2013/4/17 23:53
「笑っていいとも!」を「笑っていいと思う」にしたら、少し冷静さが出てきていい感じになると思う。

2013/4/16 22:31
行こうと思ってるレストランについて調べていたら、「良心的」を誤変換して「スタッフも両親的」と書いてるコメントがあった。もし店員が「ちゃんと野菜食べてる?」「朝ごはん食べなきゃダメよ」とか言ってくる店だとしたら誤変換じゃないな。

2013/4/15 21:34
埼玉県がその愛称としている「彩の国」という言葉があるけど、これを見るたびに「埼」の字が「俺は?俺のことは?俺じゃ不満なの?」と思ってる気がして、どうして自分はこんなに埼玉へ感情移入してるんだ、と思う。

2013/4/14 20:41
夏目漱石の「こころ」や「それから」をカタカナで書いて「ココロ」「ソレカラ」にすると、一気にケータイ小説みたいになるな。

2013/4/14 2:11
女の子っぽいという意味の「ガーリー」という言葉を聞くたびに、寿司屋のガリのことが思い出されて重なり、女の子がガリ食べてるシーンが頭の中で再生される。

2013/4/12 21:25
森蘭丸や牛若丸といった昔の男の子の名前についてる「丸」は、おまるのことらしい。あえてそうした物を名前につけて、魔除けとする意味があったとのこと。僕はいい歳こいて小野法師丸と名乗ってますが、この話は今日知りました…。

2013/4/11 23:27
ちょっと内緒の話をしようと思い、同僚のTさんに「Tさんって、口は堅いですよね」とまず確認したら、「クエッー!」と鳥のまねで返事を返された。くちばしだから口が堅いって言いたいんだと思うけど、逆にこの人を信じていいのかわからなくなった。

2013/4/11 0:14
チケットをもらったのでラファエロ展を見に行ってきた。ラファエロも中学生の頃は「エロ」ってあだ名で呼ばれてつらかったのかもしれない。それが昇華されてこうした作品が生まれたのか、と間違った感心の仕方。

2013/4/9 23:07
「メレンゲの気持ち」ってテレビ番組があるけど、実際にメレンゲに気持ちがあったらとしたら、「キミと別れたくなかった」ではないだろうか。

2013/4/8 23:10
愛知県の豊橋に「駅前駅」という駅がある。もう少しなんか言ってやってくれ、と思わせる命名センス。

2013/4/7 22:18
実家で母がテレビに出ていたクリス松村を見て、「この人、誰だっけ?…あ、クスリ松村?」と言い出した。惜しいけど、その間違え方まずい気がする。

2013/4/6 20:46
「殿さまキングスって、『机上の上』とか『馬から落馬する』と一緒じゃねえか…!?」ってご飯食べてたら急にひらめいたんだけど、なんでだろう。

2013/4/5 21:41
「おやすみ」を訛って言うと「戒め」に聞こえる。深い意味がありそうにも思えるけど、家で訛りごっこしてて発見しただけです。

2013/4/4 19:29
知人の職場に新しく配属されたという谷山くんに対する、先輩社員の「どっちなの、谷なの?山なの?」というツッコミが不条理すぎる。それでも谷山くんはめげずに「どっちもです!」って返してたというから偉い。

2013/4/3 21:29
丸大食品のCMで流れていた「ハイリ ハイリフレ ハイリホー」という歌は、片桐はいりを応援しているようにも聞こえる。はいり はいりフレ はいり HO!

2013/4/2 19:56
「マツケン」という愛称を聞くと、松平健と松山ケンイチとが頭の中で混ざり始めて、最終的に松山ケンイチがサンバを踊りはじめる。

2013/4/1 20:07
久しぶりにUNOをする機会があって、一緒にやっていた妻が「確かにウノって右脳使う感じするよね」と言っていた。とりあえずその場ではスルーしておいたけど、別にそういう由来の名前じゃないと思うよ。


« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »