« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

■ 2013年6月の小さく息切れ

2013/6/30 22:58
妻が三浦雄一郎のことをいつも「三浦雄一」と言うので、なんでか聞いたら「だって、最後のロウは『老』って敬称でしょ」。頭の中で「三浦雄一 老」ということになってるらしい。何故だろう。どうしてそうなったんだろう。何の影響なんだろう。

2013/6/29 21:15
両親と車で移動中、父が窓の外を見て「とっくりアートって何だ?」と言い出した。そこにあるのはトリックアート美術館の看板。騙そうとしてないところで騙されてる。

2013/6/28 21:35
朝のテレビを見た妻が「今日、牡牛座の運勢最高だって、よかったね!」と教えてくれる度に、「だから僕は牡羊座だってば」と言うんだけれど全然覚えてくれない。最近は言われたらもう素直に牡牛座の人の幸せを願うようになってきてる。

2013/6/27 22:58
トンカチにトンカチって名前つけた人、トンカチのことバカにしてるだろ。

2013/6/26 23:25
今朝見た夢が、体重を計ろうとしているのに誰かが後ろから足を乗せてきてうまく計れないというものだった。なんか夢っぽくない既視感あるなと思ったら、妻がときどきやってくることだからだ。

2013/6/25 22:03
「大」という字は人間が手足を広げた形から来た象形文字であることからすると、「太」という字は人間がうんこしてるところってことでいいんだろうか。

2013/6/24 22:05
もしも僕が情熱大陸に上陸することがあったら、その瞬間死ぬと思う。

2013/6/24 0:20
「赤鼻のトナカイ」が、もしも「真っ赤なお鼻のトナカイさんはいつもみんなの笑い者~」の部分だけで終わる歌だったら、ひどい話だなと思う。

2013/6/23 0:03
音声認識でカーナビに行き先を言いながら屁をこいたら、「認識できませんでした」と言われた。ごめんごめん。

2013/6/22 0:53
特にスポーツや中東に関心のない妻が「この間サッカーの試合があったドーハって、カタールだよね」「カタールって産油国でお金あるから電気や電話が無料らしいよ」と言ってきた。これはさすがに「カタールを語る」だなってわかったぞ。

2013/6/21 0:12
食事中にうんこの話はしちゃいけないが、うんこ中に食事の話をするならオッケーかと思ったけど、そもそもうんこ中に話し相手はいない。

2013/6/19 21:21
今日も屁をこいて妻が怒り出したので、「目をつぶってここが牛小屋だと想像してみて。においも許せるはずだから」と提案。しばらく目をつぶっていた妻がパチッを目を開けて「牛のせいにしようとするその姿勢が許せない!」と、逆効果。結構本気で牛小屋のこと考えてくれたんだね。

2013/6/19 0:44
車の中でうっかり屁をこいてしまって妻が怒り出したので、「僕らの愛が永遠なのと比べたら、おならのにおいなんて一瞬だろ」と、できる限りの真顔で言ったら、「…う、うん」と、まさかの納得。自分で言っておいてなんだけど、そこって納得するところじゃないと思うよ。

2013/6/17 22:37
仕事中、用があってその部屋に移動してきたのに、何をしに来たのか忘れてた。「こういう時は一旦戻ると思い出すことあるぞ」と思って元の部屋に戻ったところまでは覚えているけど、結局思い出すのを忘れて、1日が終わろうとしていることに気付いた自分がここにいる。

2013/6/16 21:04
親戚の子が「おじさんの好きなキャラ何?」と聞いてきたので「キャラメル」と返答。「そうじゃなくって!」と言うので「じゃあ、きゃらぶき。知ってる?」としつこくかわす。自分が子供の頃もこういうおじさんいたなあと思い出し、今その立場にいることを感慨深く思う。

2013/6/16 0:20
「泣いても笑っても明日は本番だ」という言葉があるけど、大抵の場合泣きも笑いもしないと思うので、「泣いても笑っても無表情でも明日は本番だ」の方がリアリティがある。

2013/6/15 0:09
なめくじになめくじって名前つけた人、センスあるよなと思う。

2013/6/13 22:48
妻が電卓を使いながら「これ、6のボタンが落ち込んで戻らないのよ」とこぼしてた。俺にもそういうことあるから、しばらく放っておいてあげなよと思う。

2013/6/12 22:26
「今日の夕食はシラスよ」と言う妻に「いいねえ」と返事をしたのに、「夕食はシラス!」「シラスよ!」と繰り返してくる。これは何かあると思ったところで、「シラスを知らす」と妻。言わせてごめん、僕としても自力でたどり着きたかった。

2013/6/11 20:33
クレジットカード会社からのメールの差出人欄に「永久不滅ポイント」とある。携帯で見ると表示幅の都合で最後の一字が欠けるのと、濁音が見づらいのとが合わさって、自分にとってはいつも「永久不滅ボイン」。かっこよさとエロスをこういう形で混ぜられても困る。

2013/6/11 5:33
小学校のお楽しみ会でよくやった「フルーツバスケット」で、鬼がしばし沈黙のあと「…フルーツ!」とだけ叫んで、みんなが「……!…?」となったことがあった。ああいう空気感を出せる男に僕もなりたい。

2013/6/9 21:30
妻が買ってきた本格的っぽい紅茶、おいしそうだなと思って手に取ったら販売元の欄に「日本緑茶センター」と書いてあった。なんとなく釈然としない気持ち。

2013/6/8 20:10
農産物直売所にあった見慣れない豆を手に取ったら、袋に「豆の王様と呼ばれております」と書いてあった。へぇと思いながら隣の豆を見ると、やっぱり「豆の王様と呼ばれております」。さらに隣も「豆の王様」。誰だか知らないけど、豆の王様ってすぐ呼びすぎだろ。

2013/6/7 22:19
USAは「United States of America」の略だけど、いないことになってるofがかわいそうだと思う。やっぱり前置詞ってなめられがちなんだろうか。

2013/6/7 7:24
通勤で毎日通る道に女カッパの石像が立っている。見てしまうと負けた気がするし、あとから見なかったことに気づくと物足りない気がするし、どっちにしても僕の心揺さぶってくるのやめてほしい。

2013/6/5 23:30
子供のころ流行った、イモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」。ララバイは子守歌って意味だけど、あんなチャカチャカした曲で眠れるわけないだろと思う。

2013/6/4 22:41
「内」という漢字が含まれている言葉を見ると、頭の中で2画足して「肉」にするようにしている。これまで変換した中で特に気に入ってるのは、「肉ゲバ」と「肉モンゴル自治区」。

2013/6/3 21:40
妻と話していて「あなたって、たまに頭でっかちよね」と言われた。身体的なことか考え方のことか、どっちを言ってるのか一瞬わからなかったけど、「たまに」とついてることから今回は考え方の方だと解釈。身体的な方は時間帯によって大小が変わったりはしない。

2013/6/2 18:00
職場で先輩が後輩に「その仕事、いつやるか?」と、明らかに「今でしょ!」と返ってくるのを期待して聞いてたけど、後輩の返事はぽかんとした表情で「いつでしょう…?」。その返し、僕も同じ振られ方したとき使わせてもらうわ。

2013/6/2 0:03
「ちゃんとする」という言葉に今ひとつ納得がいかないのは、「ちゃんと」という字面があんまりちゃんとしてる感じがしないからだと思う。


« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »