カテゴリー「息切れ」の記事


■ 2013年12月の小さく息切れ

2013/12/31 22:40
海辺など風の強い場所で、強風に吹かれた形のまま固まって立っている木を見かけることがある。無風でもその姿であるのを目にすると、「頑張らなくてもいいときに頑張ってる感出すの、俺も割と得意」と共感を覚える。

2013/12/31 0:02
何のジュースを飲むか迷っている妻に、私から「オロナミンCとデカビタCを混ぜると、オロナミンCの味が勝って全部オロナミンCの味になるよ」と教えてみた。妻は実際に混ぜて「ほんとだ!」と感心してるけど、感心するより私が適当に言ってるだけだと自分の力で気付いてほしい。

2013/12/29 18:40
泊まったホテルの温水洗浄便座、水圧設定ダイヤルの「強」のさらに上に「ターボ」ってのがある。僕のおしりにはまだまだ知らない世界があるんだなと、臆病な自分を改めて認識させられる。

2013/12/28 20:52
妻が「良いニュースと悪いニュースがあるけど、どっちから聞く?」と聞いてきた。悪い方から聞くことにしたら、確かに身内がらみのよくない話。沈んだ気持ちで良いニュースの方を聞いたら、「私たちふたり、今日も元気で~す!」とのこと。聞く順番、こうしておいてよかったな。

2013/12/27 22:08
【訂正】B'zのウルトラソウル、「ウルトラソウル!」は4回ですが、前奏と終奏でもよく聞くと「ウルトラソウル…ウルトラソウル…」と低くうなっているので、それを入れるとウルトラソウルは21回でした。元気なウルトラソウル!が4回、地味なウルトラソウル…が17回となります。

2013/12/27 18:30
B'zのウルトラソウルって何回ウルトラ言ってんだと、改めて聞いて数えてみたら、たったの4回だった。思ってたより少ない。今まで「ウルトラウルトラうるさいな」と根拠なく思い込んでいた自分を反省。

2013/12/26 23:21
ポイズンって曲を1回出しただけでそのあとずっとポイズン呼ばわりされる世の中なんて ポイズン

2013/12/25 17:53
新しくできたらしい美容室が駅前でチラシ配り。私にも差し出されたので受け取ろうとして手を出したら、その瞬間引っ込められた。もしかして、生え際見て判断してるんじゃないだろうな…。

2013/12/24 19:35
安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」の「永遠ていう言葉なんて知らなかったよね」というフレーズを聞くたびに、「ええっ?割と基本的な言葉なのに?」と思って曲全体の感動的なムードが薄れる。

2013/12/23 20:02
何かのウイルスに感染したらしく、かなりヘビーに寝込み中。おなかの調子も最悪だが、未だトイレ以外での決壊には至っていない。ここを持ちこたえれば5年ぶりのノー粗相で1年を終えられると思うので、なんとか頑張りたい。

2013/12/22 23:24
妻が急に「生まれ変わるとしたら、ハンサムだけど全くモテない男と、ブサイクだけどモテモテの男、どっちがいい?」と聞いてきた。考えれば考えるほど頭がどうにかなりそうで答えが出ない。

2013/12/22 9:33
千葉にあるのに「東京ディズニーランド」を名乗ってるのに対して、「さいたまスーパーアリーナ」はしっかりと埼玉を前面に押し出していることは、埼玉が埼玉であることの気高さを感じて県民として誇らしく思う。

2013/12/20 22:29
全てを出し切ったと思ってからの追い込みが自分を次のステージへ成長させる、という話を聞いたことがある。最近の私の経験で言えば、健康診断の採尿なのに普通に便器へ放尿しきったことに気付いた場面がまさにそうだったと思う。

2013/12/19 19:20
食事しながら来年の目標の話になり、妻は「西暦と平成を覚える」にするとのこと。何かと思ったら、今年は12月になっても2013年・平成25年であることがおぼつかなかった反省を踏まえているらしい。こうして書いてる私もちょっと自信がないので、同じ目標を夫婦で頑張ることにしたい。

2013/12/18 22:41
先日50歳になったNさんが、20代の後輩から「LINEってやってますか?」と聞かれて、「糸電話ならやったことあるぞ」と答えていてかっこよかった。

2013/12/17 23:46
妻がもらってきたらしいヤクルトが冷蔵庫にあったので飲もうとすると、「あなたはの腸には、もうこれ以上活発になって欲しくないの」と言われて飲ませてくれなかった。ヤクルト飲んで屁が増えることを心配してるらしい。

2013/12/16 19:37
後輩の同僚から「小野さんって、季節で言うと春ですよね」と言われた。意味を図りかねてうまく反応できずにいると、「小野さんって、実際の季節に関係なく、なんか春ですよね」と少し詳しく言い直された。なんとなく4月バカという言葉が思い浮かぶのだが、そういうことでいいだろうか。

2013/12/15 23:37
布団で寝しなに適当なことをしゃべり続けてうるさかった私に、隣の妻からの裏拳がおでこにヒット。目をつぶってるはずなのに青い光が見えた気がする。 SMAPが歌ってた「青いイナズマ」ってこれのことか。

2013/12/14 20:04
レストランの店頭食品サンプルで、ガンダムみたいなハム発見。でも色合いとしてはシャア専用。 pic.twitter.com/xlJcmc1V8I

2013/12/13 22:44
SNSの設定を見てたら、自分の接続元のところに「Tokyo(推定)」と表示されていた。残念ながら、実際はSaitamaです。

2013/12/12 19:18
テレビ番組の収録観覧に当たった知人の話を聞いた。当日はミニスカートやズボンは禁止など、規定が厳しい。ただ、鞄は「顔より小さいもの」とのことで、俺けっこうでかい鞄持って行ける。(写真左を参照) pic.twitter.com/oaQe8hxkFU

2013/12/11 22:18
体育の時間、持久走で周回遅れになりそうな奴が先頭に抜かれまいと、ちょっとの間だけ繰り広げるデッドヒート。頑張り始めるのが遅い一瞬のドラマ。大人になった今、舞台は持久走じゃなくても、自分があのときの太っちょに重なる時がある。

2013/12/10 21:31
居酒屋で隣のテーブルの酔っぱらいグループがメニューの黒板を見ながら「鮭ハウスってなんだ?」「えっ?鮭ハウス?」「面白そうだから頼もうぜ、鮭ハウス!」と言ってたけど、それは鮭ハラスです。

2013/12/9 20:22
シェイクスピア作「ハムレット」の凄さの一つは、父の復讐を果たす悲劇であるにも関わらず、言葉の響きとしては「なんかおいしそう」と思わせるところだと思う。

2013/12/8 23:50
農産物の直売所に行ったら、葉物野菜はともかく大根にもなんだか見たことない野菜にも「サラダにぴったりです!」とやたらに書いてあって、なんでもサラダ感覚で処理しようとし過ぎだった。

2013/12/7 21:10
会議中、おならを極限まで我慢したあとトイレに行ったら、いつもよりでかいうんこが出た。これって腹の中でおならが実体化したってことだろうか。

2013/12/6 21:26
くっつき虫とも呼ばれる植物、オナモミ。その名を初めて聞いて、なんてやらしい名前の植物なんだと思ったあの頃の気持ちを、これからもずっと忘れることのない大人でいたい。

2013/12/5 22:05
妻からときどき「ウザ太郎」と呼ばれるので、他にもそういう人いるかなとグーグルで検索かけたら「次の検索結果を表示しています: ウサ太郎」と出てきた。余計なことすんな、おれが調べてるのはウザ太郎だ。

2013/12/4 18:58
昔はグーグルに「パヒューム」と入れたら「もしかして:パフューム」と言ってくれたのに、いつからか出てこなくなって淡々と検索結果だけが表示されるようになった。見離された気がして悲しい。

2013/12/3 19:11
パチンコ屋のネオンの「パ」が壊れて消えてるのを見た感想→「まじパねぇ!」

2013/12/2 22:40
通りかかった薬局の名前が「セルフ調剤薬局」。どういうシステムになってるのか気になる。 pic.twitter.com/TbN0WYh4JT

2013/12/1 18:38
小学校の授業中、ときどき何の前触れもなくイスごとひっくり返る奴がいた。女子校に通っていた妻にその話をすると「いたいた~」との反応。女子だけでもいるのかと思っていたら「私、よくひっくり返ってた」と続ける妻。僕もひっくり返ってたことを告白し、当事者同士の絆が深まる。


■ 2013年11月の小さく息切れ

2013/11/30 19:17
適当に買ってきた牛乳の商品名が「酪農牛乳」。でも、酪農じゃない牛乳ってない気がするから、これって何も言ってないんじゃないか。「養豚ポーク」とか「液体飲料」って言わないだろうし。

2013/11/29 21:59
嵐の「A・RA・SHI」という曲の「体中に風を集めて 巻き起こせ A・RA・SHI A・RA・SHI for dream」というフレーズを聞くたびに、おならのことを最高にかっこよく描いた歌だな、と思う。

2013/11/28 20:27
風邪をひいて喉がかなり痛いのだが、妻のスチーム美顔器に当たるとずいぶん楽になる。体調はへろへろなのに、副作用として肌がもちもちになってる自分の状況がよくわからない。

2013/11/27 23:41
流行語大賞の候補の中には「富士山」「二刀流」といった、背景のドラマ抜きで考えたら普通の言葉も混ざってる。流行りっぷりで考えたら「こんにちは」とか「いただきます」とかの方が圧倒的ではないだろうか。

2013/11/26 21:30
ふんどしを「褌」と漢字で書いてあるのを見ると、ピカーッと光を放っているように感じるのは、目が「輝」と勘違いしてるからのような気がする。

2013/11/25 19:07
自分の怒りの基準で言うと、「おこ」→「まじおこ」→「激おこぷんぷん丸」→「ムカ着火ファイヤー」→「カム着火インフェルノォォォォオオウ」→「激オコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」の次は、「(笑)」。

2013/11/24 20:34
腹の立つことがあったとき、自分の気持ちを「これは激おこ、いや、激おこぷんぷん丸ってやつか!いやいや、ムカ着火ファイアーまでいくかも。…待て待て、それは言い過ぎだからやっぱり激おこプンプン…」となどと考えていると、だんだん怒ってるのがどうでもよくなっていく。

2013/11/23 21:32
ミックスナッツに素知らぬ顔して紛れてるコーンのような男でいたい。

2013/11/22 23:20
ブドウは好きだけどレーズンは苦手なKさんが、レーズン入りのお菓子をもらったとき「なんで干しちゃうんだよ~、もう~、なんで干しちゃうんだよ~」と言うのが聞きたくて、わざとレーズンのお菓子あげたくなる。

2013/11/21 23:00
おかしくて笑いが止まらないと「顎が外れる」、おいしいものを食べると「顎が落ちそう」。この表現考えた人、一度病院行って関節診てもらった方がいい。

2013/11/20 21:37
魑魅魍魎とは様々な恐ろしい化け物の総称だけど、「魅」だけにはちょっと会ってみたい気もする。

2013/11/19 22:34
妻が「ちょっと寒いから暖房入れようか?」と聞いてきたタイミングでたまたま屁をこいたら、「それは暖房じゃない!」と言ってきた。さすがに僕もそれを主張するつもりはない。

2013/11/18 23:50
「激おこ」と書いてあるのを見ると、なぜだか勝手に「にこにこぷん」が思い出されて、意味とは別にほんわかした気分になる。

2013/11/17 20:22
酔ったSさんのなぞなぞはさらに続いて、「『ま』で始まって『こ』で終わる、3文字の体の部分はなーんだ?」。にわかに場が静まって、みんなが息を呑む中、「答えは『まなこ(眼)』でした~」。無駄にドキドキさせられたけど、これは初めて聞く問題だったな。

2013/11/16 19:42
酔ったSさんがなぞなぞを出すとのことで、「男の真ん中で、細長くてブラブラしてて…」と言い出した。これはチンコと見せかけておいて答えはネクタイなんだよな…と思っていたら、「…陰茎とも呼ばれるものはなーんだ?」とまで言い切る新しいタイプのやつだった。

2013/11/15 21:47
親戚のおばさんがヒョウ柄の服を着ていたので「ヒョウ柄似合いますねー」と言ったら、「これはヒョウじゃなくてチーター柄よ!」と言われた。ネットで両方の模様を調べたら確かに違う。そのこだわりを、トラがライオンのメスだと思ってた妻に少しでいいから分けてほしい。

2013/11/14 19:10
知人が飼っているカエルの具合が悪くなったので、専門の病院に連れて行ったらしい。出された薬の袋を見せてくれたのだが、「コオロギにまぶしてください」って書いてある。カエルも「今日のはなんか変な味だな…」とか思うのだろうか。

2013/11/13 22:32
動物のナマケモノのことを調べていて、分類の表記に「真核生物-動物-脊索動物-脊椎動物-哺乳類-異節目-ナマケモノ」とあった。それはそうなんだろうけど、最後にガクーンと来る感じは否めない。

2013/11/12 19:21
ブラックタイガーを車海老とするのは誤表示となるようだけど、この話を聞いて「えっ、ブラックタイガーって虎じゃなかったのか!」と、これまでの勘違いが解けた人、日本に一人ぐらいいるといいなあと思う。

2013/11/11 19:03
「目くそ、鼻くそを笑う」という諺をうんこが聞いたら笑うと思う。うんこ「スケール小せえ!」

2013/11/10 22:28
知人の家にて、外出する時間になってもレゴを積んで遊んでいる子供に、知人が「はいはい、バルスだよ、バルス」と言うと、子供がレゴを崩して片付け始めた。効果あるなあ、バルス。

2013/11/9 22:23
飲み会でSさんがTさんに「Tさんってテンション高いですよねー」と言ったところ、Tさんは不服だったらしく「えっ!?私ってテンション高い?ねえ!テンション高い?いつ?いつ高いの?」と言ってたけど、言ってるそばから輝くほどにテンション高い。

2013/11/8 22:01
facebookで女性が書いた投稿の「もっと見る」をクリックするとき、なんとなく恥ずかしいような、確かにもっと見たいけど、あんまりジロジロ見るの悪いし…でもやっぱり見たい!などと曲折しながらマウスのボタンを押すと、まだまだ自分の中にいる中2は生き続けてると思う。

2013/11/7 20:18
居酒屋で隣の席のおじさんが、同僚とおぼしき若い女性2人から「どっちの方がかわいいですか~?」と聞かれて、「うーん、そりゃマナカナのどっちがかわいいか聞かれてるようなもんだよ」と返してた。俺もいつか使おうと思って、メモ代わりにここに書いてる。

2013/11/6 19:49
マムシ~ (マムシ~)
コブラ~ (コブラ~)
ハブ~ (ハブ~)
アオダーイショーウ
マムシ・コブラ・ハブ・アオダイショウ
蛇 ローテーション

2013/11/5 20:17
仕事のことで妻にちょっと愚痴をこぼしていると、妻の携帯に着信。「わかったわかった、これあげるから」と、たまたま手元にあった10円玉を私に渡して電話に出る。これあれだ、有名なのと逆パターンで「金くれるなら同情してくれ」ってやつだ。

2013/11/4 20:05
北海道に行ったときに見た牧場で、牛がものすごい勢いで排便していた。「試される大地」って、これのことか。

2013/11/3 20:16
ちょっと腹が立ったときに「クソッ!」と言うけれど、もっと腹が立ったときに「ゲリッ!」と言うと、自分の言ってることがバカバカしくなって、少しはマシな気分になる。

2013/11/2 23:02
薬局でなんとなくもらってきた製薬会社のキャラクターシール、普通にかわいいのに名前が「セフ美」。大人の汚れた目には、君がふしだらな女に見えるんだよ。 pic.twitter.com/Uj2F325XmZ

2013/11/1 21:10
妻は結構な歳になるまでライオンのメスがトラだと思っていたらしい。じゃあそのころ正当なメスライオンのことをどう認識していたのか聞いたら、「まず、シマシマのあるトラと、シマシマのないトラがいるよね」から話が始まったので、僕は考えるのをやめた。


■ 2013年10月の小さく息切れ

2013/10/31 23:31
電車の中でそばにいた女の人がちょっと近寄りがたいくらい綺麗だったのだけれど、取り出したiPhoneの画面がバッキバキに割れていて親近感アップ。

2013/10/30 21:10
結構な歳になるまで「アルプス一万弱」を聞くたびに「ああ、一万には届かないんだね、惜しいねえ…でも何が?」と思っていたけど、そんな同情や疑問をよそに一万尺だった。

2013/10/29 21:29
パブロンには金と銀とがあるけど、自分は鉄のパブロンでいいです。だって童話ではそう言うと金も銀ももらえるシステムだったよね。

2013/10/28 19:15
空気
★★★★★(1億2730万件のカスタマーレビュー)
価格:¥0 通常配送無料
在庫あり。

最も参考になったカスタマーレビュー
★★★★☆ 最近ちょっと質が落ちた? 2013/10/28
---
この商品を買った人はこんな商品も買っています
水 ★★★★★(1億2730万)

2013/10/27 22:28
スターバックスはそのおしゃれさゆえにファンもアンチもいるみたいだけど、コーヒー飲まないでバナナだけ食べてたら問答無用でかっこいいと思う。

2013/10/26 22:24
いつも使っている銀行口座は「スーパー普通預金」という名前だけど、普通なのかすごいのか、言ってることが矛盾している。あるいは「スーパー」は「普通」にかかって、「ものすごく普通の預金」という意味なのかもしれない。

2013/10/25 22:55
テレビの音楽番組の曲紹介で「せつない歌詞が、若者の恋愛の教科書となっています」とアナウンサーが言っていた。そんな教科書、自分には配られなかったぞ。

2013/10/24 21:12
今度異動する先輩、酔ってくるとビールを追加するときに「アサヒ、スーパードラァァァイ」とCMの影響受けてる感じで注文するのが好きでした。この発音を誰かに引き継いでから行ってほしいです。(僕はいやです)

2013/10/23 21:13
カラオケとかでTHE虎舞竜の「ロード」を聞くたびに「あれ?まだサビ行かないんだっけ、何回Aメロ繰り返す?」と、そのことばかり気になって、サビに行ったときのカタルシスが歌詞と関係なくなってる。

2013/10/22 20:06
「出身地」という言葉の定義の一つは、15歳位までの間に最も長く住んだ場所であるらしい。それでいくと私の出身地は東京で間違いないのだが、15歳以降の埼玉との一体感が強すぎるゆえ、出身を東京とすることは埼玉への裏切りのような気がして、罪の意識を感じる。

2013/10/21 22:07
昔、歯医者で施術中、助手が「…先生、これちょっと…」と、何かあった感じで言い出した。先生は「うーん、スーパーボンドでつけちゃいましょう」と素人考えには心配な返答。以来自分がちょっとしたピンチになると、心の中で「スーパーボンドでつけちゃいましょう」という声が聞こえるようになった。

2013/10/20 21:11
携帯電話が満充電になるとピロローンと通知音がなるけど、休みの朝によく寝て起きると、自分の中でもそういう音が鳴るような気がする。

2013/10/19 20:44
ちょっと変わったボタンのついてるシャツを着てきたNさんが、みんなから「いいね、そのボタン」「ボタンがいいね」と言われてて、フェイスブックみたいな感じになってた。

2013/10/19 0:10
どんなゲーム機もファミコンと呼んでいた70歳になる母が、iPhoneやandroidといったスマートフォン周りの言葉をしっかり使い分けているのを聞くと、人はいくつになっても成長できるんだと感慨深い。

2013/10/17 22:15
ピーマンって野菜は、皮をむいて食べる全ての野菜の逆説になってるところがかっこいい。

2013/10/16 20:29
飲み会の雑談で、なぜかそこにいた人を野菜に例える話になった。「Sさんはレタスかな」「いや、白菜でしょ」といろんな意見が飛び交う中、自分だけは「小野さんは里芋だね」「そうだね」と、すぐに満場一致。里芋であることにも議論がなされないことにも、不満。

2013/10/15 18:38
アップルのサポート窓口はジーニアスバーって名前だそうだ。これが「ジーニアスパー」だったら頭いいのか悪いのかわかんない感じで、故障とか関係なく会ってみたい。

2013/10/14 17:20
先日、ちょっと空き時間ができて手持ちぶさただったとき、「ジャニーズに自分と同じ小野って苗字の人はいるかな…」とネットで調べ始めたのは、今になって振り返ると本当に不毛だったと思う。

2013/10/13 21:48
ときどき会う取引先の人で、こちらがまだ何もしてないのにいきなり「ありがとうございます!」と言ってくる人がいる。これ、感謝を先払いされて何かしてあげなくちゃとうっかり思いそうになる。

2013/10/12 23:45
いまだに蚊に刺されることをぼやいてたら、妻に「血を吸うのはメスだけだから、広く考えれば女の子にモテてるってことでしょ」と言われた。「ならいいか!」と0.5秒くらいは思った。

2013/10/11 18:34
「空は青い」とか「血は赤い」という感じで、親戚の子供から「小野さんはジャニーズに入れない」と言われた。ピュアな心で無感情にそう言われると、案外さわやかな気持ちで受け入れられるもんだね…。

2013/10/10 21:29
件名が「鈴木です」というメールが来ていて、スパムっぽいなと思いつつ開いたら、1行目が「お世話になっております。伊藤です」。そこから先の内容はスパムなのだが、最後の署名は「高橋より」。きみは誰なの?

2013/10/9 22:32
アブラゼミやクマゼミといった、セミの名前の「○○ゼミ」を大学のゼミだと思って読むと違った感じが浮かんでくる。ミンミンゼミは中華料理関係っぽい。

2013/10/8 19:46
妻が私のそばにあったジャケットを取って欲しかったみたいだけど、言葉が出てこなかったようで「ちょっと……そこの………上っ張り取ってくれない?」と言ってきた。なんとなくレトロムード漂いつつ意味は通じた。

2013/10/7 23:09
USBケーブルを延長するとき、「オスをメスに接続して…」などと心の中で思ってる自分に気付いて、何言ってんだと思ったすぐそのあと、いや別に合ってるし、いや、でも…なんかやっぱり……と、混乱。

2013/10/7 18:33
実家でテレビを見ていた父が言った「おっ、この人知ってるぞ、きゃりーぱみゅぱみゅだろ!きゃりーぱみゅぱみゅ!」という言葉の、ぱみゅぱみゅ部分の発音の正しさと滑らかさに驚く。

2013/10/6 0:05
胃の検査で初めてバリウムを飲んだ。独特の感じに戸惑いながら飲んでいると、検査の人に「はい味わわないでー、ゴクゴクゴク!」と言われた。そのまま「イッキ!イッキ!」に移行しそうな勢いに押されてがんばる。

2013/10/4 22:26
妻に気を遣って、部屋の外に移動してこいた屁がくさくないと、努力が無駄になった気がして悲しい。

2013/10/3 22:24
飲み会でSさんが放った「そこがトイレかどうかってだけで、結局はみんなうんこ漏らしてるってことだろ!?」という言葉に、一瞬納得しそうになった。

2013/10/2 23:01
ちょっと嫌なことがあったらしく、妻が浮かない顔をしていたので「なんだかブルーだね」と言ったら、「って言うより、コン!コン!」と返ってきた。何言ってんだ?狐?と思っていたら、「紺」とのこと。

2013/10/1 23:26
「おなら」や「おしっこ」という言葉は語頭に「お」がついて語感がマイルドになってるのに対し、「おうんこ」とは決して言わないところにうんこのしゃれにならない感じがよく出ていると思う。

2013/10/1 0:19
「刺身風こんにゃく」はいいけど、「こんにゃく風刺身」があったとしたら、いや君は刺身なんだから自信持ちなよ、と思う。


■ 2013年9月の小さく息切れ

2013/9/29 22:54
車を運転していて信号待ちで停車中、助手席の向こうに夕日が見えたので「きれいだね…」と言ったら、妻が「いやー、それほどでも~」と割と本気で照れていた。自分のことを言われたと勘違いしてるみたいなので、そっとしておく。

2013/9/28 19:56
車で通りかかった道に「GOLF」という名のラブホテルがあった。「変な名前のホテルだなー」と思いながら運転していて、5分くらい経ったあとやってきた、「…穴に入れるって意味か!」という、どうでもいいひらめき。

2013/9/27 21:10
家ではいつも赤羽のことをふざけて「屍(しかばね)」と呼んでいるんだけど、駅のホームで妻との電話で、私が「うん、そうそう、屍」と言ったら、近くにいた人がギョッとしてた。

2013/9/26 19:52
妻が雑誌に載ってた海岸の写真の上に枝豆を乗せて「波打ち際の ま~め~」と歌い出したので、私も枝豆を左右に動かしながら「早生まれの 豆、移動」と返す。

2013/9/25 19:52
起業家のことをアントレプレナーと言うけど、この言葉を見るたびに頭の中にアントニオ猪木VSアンドレ・ザ・ジャイアントのことが思い浮かんで、起業のことはそっちのけになる。アント部分の刷り込みがすごい。

2013/9/24 22:01
四捨五入をするとき、「さらば…四!……お前のことは、決して忘れない!」と、四に妙な感情移入をしてドラマチックな気持ちになる。

2013/9/23 22:22
私の場合、アメを口に入れているとき喋るとうっかり飲み込んでしまうことがあるので、自然と寡黙になりがち。私が喋っていると、なぜか妻がアメを勧めてくることがあるなと思っていたけど、それは「少し黙ってて」って意味だったらしい。

2013/9/23 8:41
そんなに熱いタイプでもないNさんが、外回りから帰ってきた体で「自分の全てを出し切ってきた!」と言うのは、トイレに行ってきただけです。

2013/9/21 21:38
無印良品について特集していたテレビで「地球にない色は商品に使わない」と紹介されていた。林家ペーが全否定されてる。

2013/9/20 23:23
ヘンゼルとグレーテルに「世の中そんなに甘くないよ!」と言っても、そこがお菓子の家だったら説得力ないと思う。

2013/9/19 22:27
ビデオに撮った「孤独のグルメ」を見る。妻がテレビ画面に出てきた表示を見て、「番組の終わりにミサワクイズがあるんだって、どんなのだろう」とワクワクにしてるけど、それ、三沢クイズじゃなく三択クイズだから。

2013/9/18 23:32
ブログに「Powered by Ameba」って載ってるのが、そのブログの書き手がアメーバ(原生生物)から力を授かって記事を書いてるという意味だとしたら、読んでみたいなと思う。

2013/9/18 0:28
昨日今日と夕方の空が幻想的できれいだった。サイゼリヤの天井を思い出して夕食に行った人も多いのではないだろうか。自分がそうです。

2013/9/16 18:01
ディズニーのアラジンに出てくるランプの精は願いを3つ叶えてくれるけど、人殺しと恋愛成就は無理という設定らしい。それはともかく、その話を聞いた妻が「使えねえな…」と、小さくつぶやいたのが気になる。

2013/9/15 22:36
5歳になる親戚の子供がディズニーに夢中で、女の子らしくミニーマウスやシンデレラのグッズをいろいろ持っていた。そばにいた大人が「誰に会ってみたい?」と聞くと、「ランプの精!」と即答。そりゃ願い事叶えてもらえるからな、そこは現実的なんだな。

2013/9/14 18:04
動物園に行くたびに、クジャクのオスが私に向けて羽を広げてくる気がする。あんまりやけになるなよ、俺もオスだよ。

2013/9/13 19:08
知人の息子が動物園に行ってきたと言うので、どんな動物を見てきたか聞いたら、「えーと、ペンギンでしょ、ダチョウでしょ、あと…ニワトリ!」との答え。飛べない鳥ばっかりでなんとなく心配になる。

2013/9/12 20:29
一緒に見ていたドラマの話をしようと思って「こないだのWomanさあ」と妻に話しかけたら、「群馬?」との反応。「いや、Woman」と言い直しても「……群馬?」。本気で聞き違えてるみたいなので、もう群馬の話でもいいか。

2013/9/11 22:46
浅草のほおずき市はその日に行けば46000日参詣したのと同じ御利益があると聞いて調べてみたら、1回で99000日分の日がある寺もあった。仏教がエクストリームな感じで話盛りすぎてる。

2013/9/10 23:45
会話や食事中、妻がときどき鼻をフガッと鳴らすことがあって恥ずかしそうにするので、私が「いやいや、かわいいよ~」と適当なことを言ってフォローしていたら、最近になってフガッの頻度が明らかに上がってきた。甘やかしが悪い方に出てる。

2013/9/10 0:02
私が2人分のコーヒーを淹れることになったので妻に濃さを聞くと、顔をこちらに向けて目を細めてしばしばさせ始めた。2秒ほど考えて、薄目ってことだなと思い当たる。面倒なコミュニケーションほど、通じたとき謎の喜びがある。

2013/9/8 20:11
居間でちょっとした作業中、読書をしていた妻の方から「ブブー」と音が聞こえてきた。チラッと目をやると視線が合って「こんなつもりじゃなかった」とのこと。どうやらすかすつもりだったらしい。

2013/9/7 12:21
新しいkindleの広告に「25%速くなったプロセッサー 本を開くのも、ページをめくるのもさらに速く」と書いてあるのを読んで、実物の本を読んでいる時にいつもより素早くシャッ!とめくってる自分のkindleに対する負けたくなさ。

2013/9/6 22:20
イソギンチャクには肛門がなく、口から食べたものを口から出すという話を聞いたTさんが「俺と似てるなあ!」と言っていた。そう言えばTさん、飲み過ぎてよく吐いてる。

2013/9/6 20:19
水に浸けたふえるわかめちゃんが力強く増えていくのを見て、「俺だって本気出せば何でもできる」とつい思ってしまうのは完全な勘違いだからやめにしたい。

2013/9/5 0:54
セブンイレブンのホットスナックコーナーで「スペシャルビッグフランク」を目にすると、ドヤ顔されたような気がして卑屈な気持ちになる。

2013/9/3 20:16
「実業」という言葉に対して「虚業」という言葉がある。身近な例で言えば、うんこが実業、おならは虚業。

2013/9/3 0:31
自分の中で急に、「おしゃれ工房」と「しゃれこうべ」って似てるとひらめいた。意味の違いが激しい分面白いと思ったけど、冷静に考えるとおしゃれ工房って何?

2013/9/1 17:53
今回の台風、結局勢力が弱まって関東には来なかったけど、漢字を変えて「精力が弱まって関東には来なかった」にすると、なんとなく悲しみの色を帯びた話になる。


■ 2013年8月の小さく息切れ

2013/8/31 22:49
家のチャイムが鳴ってインターホンに出たところ、宅配便とのことなので玄関を開けた瞬間、配達の人に「家、間違えました」と言われた。気持ちがほっこりするって、こういうときのことを言うのだろうか。

2013/8/30 22:01
昔のことでも細かくはっきり思い出すことを「昨日のことのように思い出す」と言うけど、自分の場合は昨日の記憶も割とおぼろげなので、俺にこの慣用句は通用しないぜ。

2013/8/29 21:14
「人は見た目が9割」なのか「伝え方が9割」なのか、どっちなんだとAmazonで「9割」で検索したら、「仕組みが9割」「話す順番が9割」「遊びが9割」とかいろんな9割があって、全部足したら何割になるんだと思った。

2013/8/28 21:10
母が「こないだ友達とファミレス行ってきてさ、ほら、デニーズじゃなくて、サイゼリヤじゃなくて、ほら、…ジェイソン!」と言い出した。それ、ジョナサンだと思うよ。

2013/8/27 21:27
さかなクンに貝の話を振ったら「貝は魚じゃないから」と冷たくあしらわれる夢を見た。

2013/8/26 22:22
今日立ち寄った神社、江戸文字で名前が書かれてる札に混じって、明らかにテプラの明朝体で出してあるやつが貼ってあった。そこだけ強烈に事務っぽさが漂ってた。

2013/8/25 20:44
温泉宿に宿泊。部屋にあった案内に「ご自宅のようにごゆっくりおくつろぎください」と書いてあるのを読んで、じゃあということでそっと屁をこいた。

2013/8/24 21:52
「私、天然なの~」と自ら言う女性は本当に天然かどうか少々疑わしいけど、「私、人工なの~」と言う女性がいたら、その人は逆に天然なのではないかと思う。

2013/8/23 17:24
ウィキペディアの写真撮影ガイドで「がんばっても無理」という項目がある。「努力ではどうにもならないのを知る」「無理なものは無理と諦めましょう」と、前向きなネガティブが散りばめられていて、何かしら嫌になるとこのページを見たくなる。

2013/8/22 23:46
やる気がないことでも、いざ始めると脳内にやる気を出す物質が分泌されてやる気が出てくるから、まず行動を始めた方がいいという話を聞いた。やり始めたらやる気が出てきちゃうんだったら、ますますやり始めない方がいいと思った自分のやる気に対する負の頑張りはなんなんだろうと思う。

2013/8/21 18:56
子供をキッザニアに連れて行ったという知人の話を聞いた。子供専用の職業体験テーマパークらしいが、個人的には金払って仕事するとか意味わかんねえと思った。

2013/8/21 0:13
「爆弾ハンバーグ」なるものが名物の店で食事。おいしかったので帰宅後レストランのサイトにあった誕生秘話コーナーを読むと「試食し過ぎで医者から40代で間違いなく死ぬと言われた」「それでも吐きながら食べ続けた」と、すごいこと書いてあった。

2013/8/19 19:33
金魚って英語で何て言うのか調べたら、そのまま「goldfish」であることがわかったのはいいけれど、検索して出てきた和英辞典の例文が「園児たちは保母さんのあとについて金魚のうんこのようにつながって歩いていた」と、ひどい。

2013/8/18 20:05
妻が読んだ小説のあらすじをよく聞くのだが、話が盛り上がってきたところで何かが爆発する話に勝手にアレンジしてるみたいで、僕の中では村上春樹も宮部みゆきも、最終的に何かしら爆発して終わる話になってる。

2013/8/17 23:45
ちょっとした集まりに参加。明るい肌色のような色の服を着た女性に、知り合いらしき男性が「ブタっぽい色だね」と言ったのだが、女性は「ひどい!」と予想外の怒り。危ない、口に出さなかったけど僕もブタっぽい色だと思ってた。あと、そんなに怒るなんてブタもかわいそう。

2013/8/17 1:29
しばらく前に買ったロボット掃除機のルンバ、掃除の途中でいつも妻が「もういい、お前はよくやった!」と、自分の判断でやめさせるので、自動的に充電器のところに戻る機能が無駄になってる。

2013/8/15 20:35
ショッピングモールの「ららぽーと横浜」や「ららぽーと豊洲」はそのまま地名がついているのに、船橋のだけは「ららぽーとTOKYO-BAY」と船橋にあることがぼかされてる。そしてそのことについて、関係のない埼玉県民の私が義憤に駆られている。

2013/8/15 0:14
親戚のおじさんにリアルで「なるへそ」を使ってくる人がいて、心の中でなるへそおじさんと呼んでいる。なるへそについて調べてみたら、20代でなるへそ使ってる人がそのことで悩み相談していて驚いた

2013/8/14 1:28
年齢が半分くらいの知人女性から「あの店、パス…いや、スパゲティがすごくおいしいんですよ!」と言われた。パスタと言おうとしたけど、わかりやすくスパゲティと言い直してくれたところにおっさん認定を感じて、感慨深く思う。

2013/8/13 0:58
今日は夕食用に私がカレーを作った。妻に「ごはんにカレー、かけちゃっていい?」と聞いたら、「別に…」と別盛りにしてほしいということを沢尻エリカ風に返された。

2013/8/11 23:17
ドラえもんの登場人物、ジャイ子は本名が明かされていないらしい。本名を公表すると同じ名の子が学校でいじめられるかもと作者が配慮したからだそうだ。いい話だと思いつつ、同時にジャイ子がとことんかわいそう。

2013/8/10 23:18
スナック菓子のカールに「うすあじ」ってのがある。カレーあじやチーズあじとは次元の違う表現。濃さしか言ってない。

2013/8/10 1:22
知人のYさんが飼ってるインコの名前はピーコ。「オスかメスかわかんないけど、ピーコならどっちにも対応してるし」とのこと。おすぎとピーコのことを踏まえてるらしい。

2013/8/8 22:32
昨日はかなりの猛暑だったけど、暦の上では立秋とのこと。この手の話を聞くたびに、暦に対しての信頼度がどんどん下がっていく。

2013/8/7 21:37
さかなクンは「さかなくん」ではなく「さかなクン」なので、カタカナ部分の「クン」を発声するときには、「さかな」の部分より軽さが出るように心がけてる。

2013/8/7 0:01
知人の子供にしりとりを誘われたので、プで終わる言葉ばかりで責め立てる。ムエタイワールドカップとか綱引きワールドカップとか、実在が疑わしいワールドカップばっかり繰り出してごめん。「プリンカップ」で返されたときはやるな!と思ったよ。

2013/8/6 20:55
もし自分が刑事だったら、上司からの命令に対して「はい、しらみつぶしに当たってみます!」と答えて、本当にシラミをつぶすような刑事でありたい。

2013/8/5 1:04
ちょっと気になることがあって私が浮かない顔をしていると、同僚のSさんが「どうしたの、元気ないじゃん?リーマンショックひきずってるの?」と、絶対それはないだろという気にかけかたをしてきたけど、結果的にそれで元気が出てくるからすごい。

2013/8/3 10:52
北海道の摩周湖や支笏湖はリンや窒素の濃度が低く、水の透明度が高いことで有名で、極貧栄養湖とも呼ばれるらしい。字面だけ見るとかなりかわいそう。

2013/8/2 21:14
「ミロのビーナス」って「見ろのビーナス」って言われてるようにも感じて、見ることを強制されてるみたいで、そんなこと半裸像から言われても照れる。

2013/8/1 19:14
衣料品の品質表示の「毛100%」って、字面だけ見るとかなりぼんやりしてる。それが羊毛であることを忘れて「毛100%」を見つめていると、だんだん着たくなくなってくる。


■ 2013年7月の小さく息切れ

2013/7/31 19:41
個人的にはディナーのあとは大抵眠くなるので、謎解きはできません。

2013/7/30 21:30
外出先のウォシュレットのおしりボタンに「SPRAY」と英語表記があった。ほんとだったら「HIP」だよねと妻に話したら、「もっと言えばANUSでしょ」と、より核心に迫って返ってきた。

2013/7/29 17:58
テレビドラマに出てきた「神のみぞ知る」というセリフが「神のみそ汁」って言ってるように聞こえた。やっぱりフォアグラとか入ってるんだろうか。

2013/7/28 23:43
トイレの「W.C.」という表記は「Water Closet」の略、つまりは水洗式トイレということらしい。ならば、ぼっとん便所の場合は「B.T.」になるだろうか。雰囲気出てる。

2013/7/28 11:04
「口火を切る」という言葉があるけど、痛い系は苦手なのでそれを聞いたところで「乳首を切る」などと思ったりはしない。

2013/7/27 20:13
徳永英明の「壊れかけのRadio」は名曲だと思うけど、その後を綴った続編として「壊れたてのRadio」を出したら、ついに壊れてしまったラジオのより深い悲しみが描けると思う。

2013/7/26 20:26
「ボロは着てても心は錦」って言葉があるけど、「心は錦でも着てる服がボロい」に語順を変えると、言ってることは同じなのに印象がずいぶん違う。

2013/7/25 18:58
健康なうんちの状態を子供にわかりやすく伝えるための「バナナうんち」という言葉があるけど、それより「味噌うんち」の方が直感的だろ。…そう書いてみて、やっぱりバナナくらいでぼかしておいた方がいいと改めて思う。

2013/7/24 23:39
出かけた公園は樹木についての解説掲示が充実。説明を上から順に読んでいると、「材は耐食性・防虫性に優れている。私のために生きて。」と、最後で急に脈絡なく訴えてくるのはなんで?と疑問に思って、それが花言葉だとわかるまで5秒くらいかかった。 pic.twitter.com/6aeAZuMNpu

2013/7/23 22:35
沖縄の方言で「なんくるないさぁ」という言葉があるけど、この言葉を聞くたびに、僕は自分自身に「いや、流されちゃいけない、俺は寧ろなんくるあるさぁ」と言い聞かせる。

2013/7/22 22:03
先日立ち寄った道の駅で、妻が急に「これ、滑稽よね」と言い出すので見てみたら、烏骨鶏の卵だった。妻が間違えたのか私の聞き違いか、判定が難しいパターンだけどできたら後者であってほしい。

2013/7/21 20:42
通りかかった道で「レッツ大腸肛門クリニック」という病院を見かけた。これって誘われてるんだろうか。

2013/7/20 19:01
札幌に「東京ドームホテル札幌」ってホテルあるけど、言ってることがおかしくないか。

2013/7/19 22:13
運転席の上のところに「ワンマン」って表示出してる列車をテレビで見たけど、運転士がわがまま放題好き勝手やってるんだったら逆に乗ってみたいな。

2013/7/18 19:57
すかした屁をひっそりと放ってしばらく、妻から「おならした?」と聞かれたので、「ブー!」と今度は音ありの屁で答える。反省のなさが突き抜けて、怒りを超えたコミュニケーションがそこにある。

2013/7/17 21:44
「人間は考える葦である」という言葉には含蓄があるけど、「考える葦は人間である」って言い出したら、お前何言ってんだ?という話になる。

2013/7/16 22:58
フランス語の「レ(Le,Les)」は英語では定冠詞のTheに相当すると聞いた。「Miserables」は翻訳サイトで「悲惨」と出てきたから、「レ・ミゼラブル」は「ザ・悲惨」。ダイソーでもさすがに売ってないな。

2013/7/15 20:31
公園で鳴いてたセミの声が「じぇじぇじぇじぇじぇ」と聞こえた。流行を取り入れながらこの夏の暑さに驚く時勢に敏感なセミだ。

2013/7/14 23:06
猫よけとおぼしきペットボトルが過剰になると、機能や目的を突き抜けて現代美術みたいに見える。 pic.twitter.com/QJOCvdP5FK

2013/7/13 20:44
旅行ガイド本の店舗紹介の例示が、例示であるのをいいことにハチャメチャ。この店が実在するなら行きたい。 pic.twitter.com/rW8r3XAT0X

2013/7/13 10:44
よからぬ噂のことを「黒い噂」と言うけど、逆に「白い噂」ってのもあるんだろうか。松崎しげるも尻だけは白い、とか。

2013/7/11 21:58
今日、帰宅途中に寄ったスーパーで「どんどん焼って駄菓子あるけど、あれって焼いてないだろ……むしろ揚げてるだろ!」と、急にひらめいた。自分サイズの天啓。

2013/7/10 23:32
口の周りにヘルペスができて、ヘルペスってヘルプレスと似てるなと思ったけど、さすがにそこまで深刻に考えたくはない。

2013/7/10 6:56
朝の起きがけにうんこしたいと思ってトイレに行っても、9割方おならしか出ない。それでも僕が朝の便意に従ってトイレに行くのは、1割の方をみくびって辱めを受けたことがあるからだ。安全保障トイレである。

2013/7/8 23:34
「ノリノリ」や「悪ノリ」の「ノリ」と同じ意味とアクセントで、「味付ノリ」や「液体ノリ」をイメージすると、なんだか妙な感じになる。

2013/7/7 23:40
近々人前で話す機会があるので、その準備をしながら「緊張するなあ…」とつぶやいたら、それを聞いた妻が「あなたの緊張の糸は、始めから切れてる」と言ってきた。私が「ああ、切れてるチーズ的な?」と適当に返すと、「そもそも緊張の糸がない」。僕を吹っ切れさせようとしてくれてありがとう。

2013/7/6 23:05
酒好きのTさんが「最近、お酒飲んでも儚いんだ」と言い出した。何言ってんだと思ってたら「シジミエキスがいいんだよ」と続けて、「お酒飲んでも吐かないんだ」と判明。意味的に落差の大きい聞き違い。

2013/7/5 22:58
親戚のおじさんが「アグネスチャン」と言うときのアクセントが「アグネスちゃん」と言ってるように聞こえる。アクセントが間違ってるのか、実際「アグネスちゃん」って言ってるのか、知る由もないけど別にどっちでもいいな。

2013/7/5 0:27
同僚と取引先とのやりとりが「今回は本当に恐れ入ります」「何をおっしゃいますか、こちらこそ恐縮です」「いやいやいや、恐れ多い限りで」「とんでもないです、かたじけない」と、どっちがとことん恐縮できる引き出し持ってるか対決みたいになってた。

2013/7/3 22:51
妻に「むねともも、どっち好き?」と聞かれて、いきなり何を言い出すんだと思って「いやー、そんなの決められないよ~」とだらしなく返事をしたら、鶏肉のことだった。

2013/7/3 6:59
実際の会話で「よしんば」という言葉を使っている人を初めて見た。「これがリアルよしんばか」という感慨。自分の中でその人のあだ名はよしんば。

2013/7/2 7:00
ちょっとした大工仕事をして音を立てていると、妻が「エグザイル!」と言ってきた。「え?俺が?」と聞き直すと、「そう、エグザイル!」。静かになってから確かめると、エグザイルじゃなくて「うるさいよ!」だった。聞き違いにしてもポジティブ過ぎる。


■ 2013年6月の小さく息切れ

2013/6/30 22:58
妻が三浦雄一郎のことをいつも「三浦雄一」と言うので、なんでか聞いたら「だって、最後のロウは『老』って敬称でしょ」。頭の中で「三浦雄一 老」ということになってるらしい。何故だろう。どうしてそうなったんだろう。何の影響なんだろう。

2013/6/29 21:15
両親と車で移動中、父が窓の外を見て「とっくりアートって何だ?」と言い出した。そこにあるのはトリックアート美術館の看板。騙そうとしてないところで騙されてる。

2013/6/28 21:35
朝のテレビを見た妻が「今日、牡牛座の運勢最高だって、よかったね!」と教えてくれる度に、「だから僕は牡羊座だってば」と言うんだけれど全然覚えてくれない。最近は言われたらもう素直に牡牛座の人の幸せを願うようになってきてる。

2013/6/27 22:58
トンカチにトンカチって名前つけた人、トンカチのことバカにしてるだろ。

2013/6/26 23:25
今朝見た夢が、体重を計ろうとしているのに誰かが後ろから足を乗せてきてうまく計れないというものだった。なんか夢っぽくない既視感あるなと思ったら、妻がときどきやってくることだからだ。

2013/6/25 22:03
「大」という字は人間が手足を広げた形から来た象形文字であることからすると、「太」という字は人間がうんこしてるところってことでいいんだろうか。

2013/6/24 22:05
もしも僕が情熱大陸に上陸することがあったら、その瞬間死ぬと思う。

2013/6/24 0:20
「赤鼻のトナカイ」が、もしも「真っ赤なお鼻のトナカイさんはいつもみんなの笑い者~」の部分だけで終わる歌だったら、ひどい話だなと思う。

2013/6/23 0:03
音声認識でカーナビに行き先を言いながら屁をこいたら、「認識できませんでした」と言われた。ごめんごめん。

2013/6/22 0:53
特にスポーツや中東に関心のない妻が「この間サッカーの試合があったドーハって、カタールだよね」「カタールって産油国でお金あるから電気や電話が無料らしいよ」と言ってきた。これはさすがに「カタールを語る」だなってわかったぞ。

2013/6/21 0:12
食事中にうんこの話はしちゃいけないが、うんこ中に食事の話をするならオッケーかと思ったけど、そもそもうんこ中に話し相手はいない。

2013/6/19 21:21
今日も屁をこいて妻が怒り出したので、「目をつぶってここが牛小屋だと想像してみて。においも許せるはずだから」と提案。しばらく目をつぶっていた妻がパチッを目を開けて「牛のせいにしようとするその姿勢が許せない!」と、逆効果。結構本気で牛小屋のこと考えてくれたんだね。

2013/6/19 0:44
車の中でうっかり屁をこいてしまって妻が怒り出したので、「僕らの愛が永遠なのと比べたら、おならのにおいなんて一瞬だろ」と、できる限りの真顔で言ったら、「…う、うん」と、まさかの納得。自分で言っておいてなんだけど、そこって納得するところじゃないと思うよ。

2013/6/17 22:37
仕事中、用があってその部屋に移動してきたのに、何をしに来たのか忘れてた。「こういう時は一旦戻ると思い出すことあるぞ」と思って元の部屋に戻ったところまでは覚えているけど、結局思い出すのを忘れて、1日が終わろうとしていることに気付いた自分がここにいる。

2013/6/16 21:04
親戚の子が「おじさんの好きなキャラ何?」と聞いてきたので「キャラメル」と返答。「そうじゃなくって!」と言うので「じゃあ、きゃらぶき。知ってる?」としつこくかわす。自分が子供の頃もこういうおじさんいたなあと思い出し、今その立場にいることを感慨深く思う。

2013/6/16 0:20
「泣いても笑っても明日は本番だ」という言葉があるけど、大抵の場合泣きも笑いもしないと思うので、「泣いても笑っても無表情でも明日は本番だ」の方がリアリティがある。

2013/6/15 0:09
なめくじになめくじって名前つけた人、センスあるよなと思う。

2013/6/13 22:48
妻が電卓を使いながら「これ、6のボタンが落ち込んで戻らないのよ」とこぼしてた。俺にもそういうことあるから、しばらく放っておいてあげなよと思う。

2013/6/12 22:26
「今日の夕食はシラスよ」と言う妻に「いいねえ」と返事をしたのに、「夕食はシラス!」「シラスよ!」と繰り返してくる。これは何かあると思ったところで、「シラスを知らす」と妻。言わせてごめん、僕としても自力でたどり着きたかった。

2013/6/11 20:33
クレジットカード会社からのメールの差出人欄に「永久不滅ポイント」とある。携帯で見ると表示幅の都合で最後の一字が欠けるのと、濁音が見づらいのとが合わさって、自分にとってはいつも「永久不滅ボイン」。かっこよさとエロスをこういう形で混ぜられても困る。

2013/6/11 5:33
小学校のお楽しみ会でよくやった「フルーツバスケット」で、鬼がしばし沈黙のあと「…フルーツ!」とだけ叫んで、みんなが「……!…?」となったことがあった。ああいう空気感を出せる男に僕もなりたい。

2013/6/9 21:30
妻が買ってきた本格的っぽい紅茶、おいしそうだなと思って手に取ったら販売元の欄に「日本緑茶センター」と書いてあった。なんとなく釈然としない気持ち。

2013/6/8 20:10
農産物直売所にあった見慣れない豆を手に取ったら、袋に「豆の王様と呼ばれております」と書いてあった。へぇと思いながら隣の豆を見ると、やっぱり「豆の王様と呼ばれております」。さらに隣も「豆の王様」。誰だか知らないけど、豆の王様ってすぐ呼びすぎだろ。

2013/6/7 22:19
USAは「United States of America」の略だけど、いないことになってるofがかわいそうだと思う。やっぱり前置詞ってなめられがちなんだろうか。

2013/6/7 7:24
通勤で毎日通る道に女カッパの石像が立っている。見てしまうと負けた気がするし、あとから見なかったことに気づくと物足りない気がするし、どっちにしても僕の心揺さぶってくるのやめてほしい。

2013/6/5 23:30
子供のころ流行った、イモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」。ララバイは子守歌って意味だけど、あんなチャカチャカした曲で眠れるわけないだろと思う。

2013/6/4 22:41
「内」という漢字が含まれている言葉を見ると、頭の中で2画足して「肉」にするようにしている。これまで変換した中で特に気に入ってるのは、「肉ゲバ」と「肉モンゴル自治区」。

2013/6/3 21:40
妻と話していて「あなたって、たまに頭でっかちよね」と言われた。身体的なことか考え方のことか、どっちを言ってるのか一瞬わからなかったけど、「たまに」とついてることから今回は考え方の方だと解釈。身体的な方は時間帯によって大小が変わったりはしない。

2013/6/2 18:00
職場で先輩が後輩に「その仕事、いつやるか?」と、明らかに「今でしょ!」と返ってくるのを期待して聞いてたけど、後輩の返事はぽかんとした表情で「いつでしょう…?」。その返し、僕も同じ振られ方したとき使わせてもらうわ。

2013/6/2 0:03
「ちゃんとする」という言葉に今ひとつ納得がいかないのは、「ちゃんと」という字面があんまりちゃんとしてる感じがしないからだと思う。


■ 2013年5月の小さく息切れ

2013/5/31 21:32
「二兎を追う者は一兎をも得ず」と言うけれど、個人的には一兎に絞っても一兎を得られるか心配。逆に千兎ぐらいのスケールで追えば一兎くらい得られる気がする。

2013/5/30 22:26
駅のホームで近くにいたスーツの男が会社に電話してるようで、「やっちゃいました…」と言っていた。聞こえるのが断片的で詳しくわからないけど、30秒くらいの間に5回くらい「やっちゃいました」言ってて、本当にやっちゃったんだなというのはよくわかる。

2013/5/29 21:02
エベレストから戻ってきた三浦雄一郎さんの会見記事の見出しの言葉が「楽しみ、苦しんだ」。これを短くまとめて言ったのが「楽しんご」なのだと思う。

2013/5/29 7:41
アメリカでトムって人がゼリー食べてたら、やっぱりクラスメイトから「まさにトムとジェリー!」とか言われるのだろうか。だとしたらトム、うかうか人前でゼリー食べづらいだろうな。

2013/5/27 20:26
「ジブリの映画」と聞くとその世界観に負けたくない気持ちになって、冠詞の発音間違いを承知の上で、「ジ・鰤の映画」という鰤を余すことなく紹介する映画を思い起こすようにしている。

2013/5/26 20:34
昔の子供の好物として「巨人・大鵬・卵焼き」とよく言われるけど、そんな風にひとくくりにされたくない子供だっていたはずだ。例えば板東英二だったら「巨人・大鵬・ゆで卵」ではないだろうか。

2013/5/25 20:49
ポケットの内側の布が裾からはみ出してるタイプのホットパンツがあるけど、これがさらに進化していくと、10年後くらいにはふんどしになってるんじゃないかと思う。

2013/5/24 21:10
目隠しをして物をさわり、それが何かを当てる遊びがあるけど、出題するなら藁を用意したい。解答役が注意深く触れてしばらく考えた末、ついに解って叫ぶ「わら!」。ヘレンケラーの感動的な場面を再現。

2013/5/23 19:47
ふと思いついて、鱈の肝臓について調べてみた。鱈は身に脂肪がない分、肝臓に蓄えていて、肝油ドロップの材料にもなるらしい。タラレバーの話。

2013/5/22 21:42
妻と食事しながら、菅野美穂って誰と結婚したんだっけという話になった。僕が自分でもぼんやりした情報だなと思いながら「いつもニコニコしてる人だよ」と言うと、妻は「あー!映画に出てた人!?」とさらにぼんやりさせた。自力解決は無理と判断してネットに頼る。

2013/5/21 23:32
うんこ我慢してるときの自分って、なんか言葉遣いが丁寧になってる気がするんだけど、あれって一体なんなんだろう。

2013/5/21 0:10
栃木の郷土料理、しもつかれは見た目がアレに似てるという理由で敬遠されることもあるようだけど、その分野ではもっとハードなアレにそっくりなのにもう誰も気にしてない味噌という大先輩がいるのだから、しもつかれも現況にめげることなくがんばってほしい。

2013/5/19 21:36
USB機器を接続するたびに、いちいちUSAのことを思い出してアメリカンな気持ちになる。

2013/5/19 1:33
カレーライスはカレーライスと言うのに、そこにカツが乗るとカツカレーになる。ライスの存在がないがしろにされてるけど、俺はライスのこと忘れたことないからな。

2013/5/18 9:22
18世紀フランスの天文学者ラカーユ、新たに星座を設定したのが業績とされているけど、そのラインナップがコンパス座・定規座・顕微鏡座・彫刻具座。文房具系を夜空に散りばめすぎじゃないだろうか。

2013/5/16 23:17
おしっこがいっぱい出たとき、トイレのレバーに手をかけて「いやいやいや、これは小って枠組みじゃないでしょ」と、誇らしい気持ちでレバーを大の方に倒す瞬間が好きだ。

2013/5/15 21:49
以前、取引先で社員がバイトに「ここ、ちょうちょ結びって言っただろ!」と叱っていた。「固結びじゃなくてちょうちょ結び!ちょうちょ結びできるだろ、ちょうちょ結び!」と、怒りながら何回もちょうちょ言っててかわいい。

2013/5/14 23:43
ひと昔前まで、電車に乗ると切符をなくすことの多かった自分が、Suicaを持つようになってから1回もなくしてないのがすごい。それは、便利な技術が発達したこととは関係なく、切符よりSuicaがでかいからだと思う。

2013/5/13 22:57
以前、イノシシも出るような山間部に住んでたとき、車がイノシシとぶつかって壊れたら保険は下りるのか保険会社に聞いたところ、しばらく待たされて「飼い主のいるイノシシだと下りますが、野生のだと下りません」との返事。明らかに笑いをこらえての説明だったけど、結構本気の質問だったんだよな。

2013/5/12 22:40
「ネオヒルズ族」という言葉を見ると「オヒルネズ族」と頭の中で入れ替わる。お昼寝してるのかしてないのか、わかりづらい。

2013/5/12 1:12
ものまね番組でものまね中にご本人登場というパターンはよくあるけど、しばらく前にテレビをガチャガチャやってたら、別々のチャンネルで本物の徳永英明とものまねとが同じタイミングで歌ってて、ややこしいことになってた。

2013/5/10 22:31
英字を打つときに「えー」と入力して「A」に変換するということを時々やるのだが、「だぶる」と入力しても「W」が出てこない。もしやと思って「だぶりゅー」と入れたら出てきた。こういう形で本格的な発音でないことにダメ出しされるとは。

2013/5/9 23:28
原発の再稼働にはいろんな意見があって判断が難しいけど、再稼働の話を見聞きするたびに、それとは別にサイドカーのことが一瞬頭をよぎる。

2013/5/8 22:23
歯医者での治療から帰ってきた妻に「どうだった?」と聞くと「…うん、西野カナ」と返ってきた。これは「その心は?」って聞いた方がいいとこだなと思って尋ねると「ああ痛くて震える(会いたくて震える)」。耐え難い苦しさにさらされたとき、逆にとんち考えると確かに痛みって薄まるよね。

2013/5/7 20:01
ツイッターで書こうとすると「いまどうしてる?」と聞かれ、フェイスブックで書こうとすると「今どんな気持ち?」と聞かれる。これって変態が女の子にかける電話で聞くことと同じじゃないだろうか。

2013/5/6 23:47
「おいC」「かっこE」など、日本語の一部を英字に置き換える書き方がある。自分もAから順番に考えて作ってみたことがあるけど、「ほくそM」は元の意味の雰囲気を保ったままでいい感じだと思う。

2013/5/5 23:45
激辛のラーメンを食べてたら、スープが飛び散って目に入る。痛い目にあったと慣用句で言うより、実際に目が痛い。

2013/5/5 0:45
知人女性のSさんが若い頃に直樹という男からもらったラブレター、最後の部分に「to 直樹」と書いてあったらしい。fromと間違えて、自分から自分に出したみたいになっちゃってる。結局彼は振られたそうだけど、僕と直樹とはいい友達になれる気がする。

2013/5/4 0:45
「落ち武者の霊が出る場所」などという話を聞くとおっかない感じがするけど、もっとさかのぼって「ネアンデルタール人の霊が出る場所」と聞いてもピンと来ない。歴史のどこら辺のタイミングで、怖さがピンと来ない感じに変わるんだろうか。

2013/5/2 23:47
妻が「あなたのおならは、出た瞬間、そのあとしばらく、薄まって消えてくとき、全部においが微妙に違う」と言い出した。そして一呼吸置いて、「なんか悔しいけど、香水と同じなのよね」と続けた。うん、その悔しさ、僕にもわかる。

2013/5/1 22:48
最近おなかの調子が悪いという同僚Sさんがトイレから戻ってきたので、調子はどうかと聞いたところ、「まだちょっとエヴァンゲリオン」と、下痢であることを最高にかっこいい表現で教えてくれた。


■ 2013年4月の小さく息切れ

2013/4/30 23:55
活性炭入りでおならのにおいを消すという座布団を買ってもう10年ほど、いまだにちゃんと効果があってすごい。どんなに虐げられても自分の仕事を果たし続けるその姿は、もう感動的ですらある。

2013/4/30 0:36
「鼻の下を伸ばす」という言葉があるけれど、くしゃみが出そうな時にそうすると我慢できると人から聞いた。実際にやってみると確かに効果あり。会議中にこの技をよく使ってるけど、別に女性にデレデレしてるわけではないです。

2013/4/28 20:17
博物館の水槽でガラスに張り付いていたヒトデがお笑いコンビみたいだった。「どーもーっ!」「ザ・ヒトデで~す!」「俺たち、英語ではスターフィッシュって言うけどさ」「そういう輝きは、ないよね!」 pic.twitter.com/NcZA9hBuu6

2013/4/27 11:42
日によって寒暖の差がある最近、気がついたらクールマックスって素材のシャツとヒートテックを重ね着してた。そういうことじゃないだろうと思う。

2013/4/27 0:24
元JJ専属だったらしい太田在(おおた あり)というモデルさん、ウィキペディア見たら人物・略歴の項の最初に「名前の由来は在原業平から」って書いてあってすごいな。

2013/4/25 7:27
妻が家事をしながら、きゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」を歌ってる。でもいつもサビの部分をふざけて「ファッションセンタ~ ファッションセンター~」と歌うので、ちょっとかっこいいしまむらの歌みたいになってる。

2013/4/24 21:44
パスワードを忘れたときの「秘密の質問」、母親の旧姓や祖父の職業ではなく「小6のときに好きだった子は?」「ある日急に異性として意識し始めた相手は?」という感じにしてほしい。パスワードを忘れたあせりを、甘酸っぱい気持ちがかき消してくれると思う。

2013/4/24 6:26
松浦亜弥の曲が流行って以来、未だに我が家ではゴールデンウィークのことを「Yeah!めっちゃホリディ」と呼んでいる。他の人と話すときに、危うくYeah!めっちゃホリディ言いそうになってハッとすることがある。

2013/4/22 22:31
大雨が降ったときに「増水に注意してください」とキャスターが言うのを聞くと、頭の中で「雑炊に注意してください」と思い直す。実際、注意して食べないとやけどするから意味的にも合ってる。

2013/4/21 22:36
親戚の小4の子供から「小野さんはイケメンって感じじゃないね」と言われた。あくまで自然体で、否定的な意味を込めて言ったのではないとはっきりわかるその言い方に、「この子は外見と人間の本質とが別物だとわかっている賢い子だ」と考える、僕の前向き思考。

2013/4/20 17:35
オオクワガタやオオスズメバチのような大型の種につく「オオ」の部分だけ英訳して「ビッグクワガタ」や「ビッグスズメバチ」にすると、謎のダイナミズムが出てくる。ビッグダディの影響なのか。

2013/4/19 22:10
「無礼」を「プレイ」に替えて「プレイ者!」「プレイ千万」「プレイ講」にすると楽しげになるけど、「慇懃プレイ」だけは、ねちっこい。

2013/4/18 20:43
トウモロコシのヒゲは実はめしべだと知って以来、トウモロコシのその部分をつい凝視してしまい、なんだかおかしな気持ちになるようになった。

2013/4/17 23:53
「笑っていいとも!」を「笑っていいと思う」にしたら、少し冷静さが出てきていい感じになると思う。

2013/4/16 22:31
行こうと思ってるレストランについて調べていたら、「良心的」を誤変換して「スタッフも両親的」と書いてるコメントがあった。もし店員が「ちゃんと野菜食べてる?」「朝ごはん食べなきゃダメよ」とか言ってくる店だとしたら誤変換じゃないな。

2013/4/15 21:34
埼玉県がその愛称としている「彩の国」という言葉があるけど、これを見るたびに「埼」の字が「俺は?俺のことは?俺じゃ不満なの?」と思ってる気がして、どうして自分はこんなに埼玉へ感情移入してるんだ、と思う。

2013/4/14 20:41
夏目漱石の「こころ」や「それから」をカタカナで書いて「ココロ」「ソレカラ」にすると、一気にケータイ小説みたいになるな。

2013/4/14 2:11
女の子っぽいという意味の「ガーリー」という言葉を聞くたびに、寿司屋のガリのことが思い出されて重なり、女の子がガリ食べてるシーンが頭の中で再生される。

2013/4/12 21:25
森蘭丸や牛若丸といった昔の男の子の名前についてる「丸」は、おまるのことらしい。あえてそうした物を名前につけて、魔除けとする意味があったとのこと。僕はいい歳こいて小野法師丸と名乗ってますが、この話は今日知りました…。

2013/4/11 23:27
ちょっと内緒の話をしようと思い、同僚のTさんに「Tさんって、口は堅いですよね」とまず確認したら、「クエッー!」と鳥のまねで返事を返された。くちばしだから口が堅いって言いたいんだと思うけど、逆にこの人を信じていいのかわからなくなった。

2013/4/11 0:14
チケットをもらったのでラファエロ展を見に行ってきた。ラファエロも中学生の頃は「エロ」ってあだ名で呼ばれてつらかったのかもしれない。それが昇華されてこうした作品が生まれたのか、と間違った感心の仕方。

2013/4/9 23:07
「メレンゲの気持ち」ってテレビ番組があるけど、実際にメレンゲに気持ちがあったらとしたら、「キミと別れたくなかった」ではないだろうか。

2013/4/8 23:10
愛知県の豊橋に「駅前駅」という駅がある。もう少しなんか言ってやってくれ、と思わせる命名センス。

2013/4/7 22:18
実家で母がテレビに出ていたクリス松村を見て、「この人、誰だっけ?…あ、クスリ松村?」と言い出した。惜しいけど、その間違え方まずい気がする。

2013/4/6 20:46
「殿さまキングスって、『机上の上』とか『馬から落馬する』と一緒じゃねえか…!?」ってご飯食べてたら急にひらめいたんだけど、なんでだろう。

2013/4/5 21:41
「おやすみ」を訛って言うと「戒め」に聞こえる。深い意味がありそうにも思えるけど、家で訛りごっこしてて発見しただけです。

2013/4/4 19:29
知人の職場に新しく配属されたという谷山くんに対する、先輩社員の「どっちなの、谷なの?山なの?」というツッコミが不条理すぎる。それでも谷山くんはめげずに「どっちもです!」って返してたというから偉い。

2013/4/3 21:29
丸大食品のCMで流れていた「ハイリ ハイリフレ ハイリホー」という歌は、片桐はいりを応援しているようにも聞こえる。はいり はいりフレ はいり HO!

2013/4/2 19:56
「マツケン」という愛称を聞くと、松平健と松山ケンイチとが頭の中で混ざり始めて、最終的に松山ケンイチがサンバを踊りはじめる。

2013/4/1 20:07
久しぶりにUNOをする機会があって、一緒にやっていた妻が「確かにウノって右脳使う感じするよね」と言っていた。とりあえずその場ではスルーしておいたけど、別にそういう由来の名前じゃないと思うよ。


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

息切れ